Cosmic hemp primitive rainbow

¥1,000¥4,300

産地:ヒマラヤ(ネパール標高2400m)

原産原種・自然栽培の麻幹(繊維付き)を使用

クリア
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: ,

ヒマラヤ麻炭は伝統食として麻の実を食べる
地域の村の方々との麻炭互助プロジェクトとして
2013年に始まりました。
現在では、山村の就労支援活動としてネパールの方々に
伊香賀焼きという安全且つ衛生的なダッチオーブンによる
高温炭化方法を伝授し1度に300gずつの麻炭を現地にて
丁寧に制作しています。
その後、その炭を空輸し、宮古島にて検品・粉砕・精査・
有用微生物酵素混合・天日干し・月干し・星干しなどの
行程(レギュラー品同様)を経て、日中太陽の下で袋詰めを
行っております。

 

麻炭のご使用例

☆‐そのまま飲用する。 量の目安/1日に小さじ1杯~大さじ1杯、子供はその1/2・幼児は1/4 (寝る前、または食間に)
☆‐お米を炊く直前に混ぜる。2合で小さじ一杯程度が目安です。
☆‐パンなどを焼くときに混ぜる。全体の1%程度が目安です。
☆‐麻炭水を作り、ワインや野菜・食べ物を浸ける。美味しくなります。
☆‐お風呂に3~10g入れる。お湯が真っ黒になります。
☆‐塩と混ぜて頭を洗う。(大さじ一杯・シャンプーに混ぜても可)
☆‐身体に湿布する。足の裏2か所、首の付け根、その他気になる所へ。
☆‐植木・畑の土に入れる。湿布使用の後でも可。
☆‐グラス・鏡・床壁 磨きに。お塩少々混ぜて歯磨き粉に。(歯磨き粉にかけても可)
☆‐その他 いろいろお試しください。(お掃除、洗濯、食器洗浄機、発酵促進etc.)

麻炭湿布の作り方(一例)

1.適量の炭と水と塩をペースト状に混ぜます。(炭大さじ1に対し、水10cc前後、塩少々0.85%。タッパーなどで密封してシェイクする。)
2.2重にしたペーパータオルの上に広げ5ミリ以上の厚さにのばします。(漏れないように折重ねるか、ペーパータオルをもう1枚追加してうまく包み湿布を作ります。)
3.乾燥を防ぐため、湿布の表面にひと回り大きなビニールかラップをかぶせ、ずれないようにします。
4.肌用テープか包帯で患部に固定し、漏れないように注意して貼ってください。
5.就寝時やお好みの時間帯で5時間~8時間試してください。
取り外す際は、できれば冷たいタオルでよく拭いて下さい。必要でしたら新しいシップと交換して下さい。

*お客様それぞれの感性でヒマラヤ麻炭を
感じてみてください。

重さ 該当なし